>

修理や手間をくわえる

リユースするという考え

リサイクルとは売りに出したり、資源回収に持って行ってもらうだけではありません。
そのものを新しく組み替えて使えるものにする、リユースすることも言います。

リユースでは聞きなれないので近いものではリフォームでしょうか。
今、このリフォームが流行しています。
ものを大切に。の精神ですね。

使えるものを再利用して新たに使えるものを作ります。
もしくは必要な部品を買ってきて今までの使い方にさらに一段階機能を足してより使いやすくして利用します。

ものを捨てるだけじゃなくて不用品から新たなものを生み出すのです。
これも立派なリサイクルですね。
不用品から何が作れるのか、調べるにもインターネットは便利です。
いろいろな情報が落ちています。
是非探したいですね。

行政でやっている施設

港区とは限らないのですが行政でやっているリサイクル施設もあります。
この施設は状態の良いものを無料で引き取り、修理して展示、販売するという施設です。

販売されたお金は手元にはきませんが、ゴミとして処分するとお金がかかるところがなんと無料なんです。
直して展示、販売する、まさにリサイクルですね。
一度壊れたものってなかなか自分で修理ってしませんよね。
新品を買った方が安かったりもしますから、どうしても修理まで手が伸びません。

ですが、このリサイクルセンターは行政でやっているという信頼があります。
不法投棄されず、必ず修理、展示販売されるのです。
これぞまさにリサイクルですね。
地球にも優しいですし、思い入れのあるものがピカピカになって誰かの家で活躍してると思うと嬉しいですね。



ページ
Topへ