>

リサイクルの方法色々

港区でゴミとして出せないもの

まず、港区の条例でゴミとして出せないもの。
これは、写真、ブロックやレンガ、消化器、テレビやエアコン、冷蔵庫、洗濯機、乾燥機といった家電リサイクル法が対象となる家電もゴミとして出せません。
また、パソコンもメーカーが回収して新たな資源にするのでゴミとして出すことはできません。
他にも余った灯油、タイヤ、オートバイの部品、バッテリーなどもゴミになりがちですね。
これらも販売店などに問い合わせて処分しなければなりません。

よく、不用品として多く聞くのが部品やバッテリー、タイヤなどです。
まだ使えるのだけれども新しいものが手元にあるのでいらなくなった、と、いうケースが多々あります。
これらは、欲しがる人も多いのでインターネットに不用品ですがまだ使えますと掲示するのも良いでしょう。

ゴミとして出せるもの

では港区で粗大ゴミとして出せるものは何があるのでしょうか。

アイロン台、ソファー、ウォシュレット、オイルヒーター、オーブンレンジ、オルガン、カーテンレール、ガスコンロ等といった家財用品は粗大ゴミとして収集しているようです。
他にも収集しているものがあるので是非区役所に聞いてみてください。
処分したいものが意外と引き取ってくれるかもしれませんよ?

ここで気をつけたいのが収集してくれるものについてです。
パソコンは販売メーカーに問い合わせなければなりません。
ですが、このパソコンに接続して使うキーボードは粗大ゴミとして収集してくれるのです。

処分に困ったらやはり粗大ゴミですよね。
一度区役所に処分について相談するのも良いでしょう。



ページ
Topへ